電通は、天気予報をはじめとした気象業務を行う日本気象協会の気象データを活用して広告マーケティングを高度化させるフレームワーク(枠組み)「Weather Enhanced Marketing(ウェザーエンハンストマーケティング)」の開発を始めた、と12月11日発表した。気象要因をマーケティングに取り入れ、各種ソリューションを実現する。

気候の変動が人々の行動に与える影響は大きいとされ、広告マーケティングでもメディア接触履歴やその後の購買行動を含めて無視できないことから、ソリューションを開発する。日本気象協会が持つ過去の気象データと分析結果、最新の気象予報データを連携。デジタル広告の配信素材を気象データに連動させて最適化させる。

このほか、人工知能(AI)使った広告効果予測モデルに過去の気象データを投入して精度を向上させたり、気象データを考慮して最適な広告投下タイミングを分析するプランニングツールを導入したりするソリューションを開発する。加えて日本気象協会と市場の商品需給バランスを予測し、サプライチェーン(供給網)を効率化する。

 


Source: SEO情報ウォッチ

よろしかったらシェアお願いします