こんにちは。sitoです。
11月20日(火)にパシフィコ横浜で開催されたAdobe MAX Japanに行ってきました!
セッションの内容はもちろん、去年買えなかったPhotoshopクッションを買えたので私は満足です。(XDクッションも欲しかったのですが、クッションは1人1個までだったので諦めました。。。また来年買えるといいなあ。。。)

今回はAdobe MAXでも話題になっていた、XDの自動アニメーション機能をいじっていきたいと思います。

自動アニメーションで、上から展開するメニューを作ってみた

▼やりたいこと

  • ハンバーガーメニューをタップすると、上から下に向かってメニューが展開する
  • ハンバーガーアイコンがアニメーションして「✕」アイコンに変わる

▼サンプルはこちら

181211_02.png

ハンバーガーアイコンがアニメーションして「✕」アイコンに変わる

先にアイコンのアニメーションを作っていきます。

  1. ハンバーガーアイコンをメニューのアートボードにコピーする
  2. 真ん中のバーを消して、上下のバーで「✕」をつくる。
  3. プロトタイプモードに移動し、トリガーは「タップ」にし、アクションは「自動アニメーション」を選択してアートボードをつなぐ。
  4. プレビューで、ハンバーガーメニューが「✕」ボタンに変わることを確認。

181211_03.gif

アイコンのアニメーションはこれで完成です。

ハンバーガーメニューをタップすると、上から下に向かってメニューが展開する

このままではメニューが上から展開するという理想のアニメーションにはなりませんので、もうひと手間加えます。
展開前のアートボードに、あらかじめメニューの背景となる長方形を、透明な状態で仕込んでおくというものです。
そうすることで、メニューが上から下に展開するアニメーションを表現できます。

181211_04.gif

自動アニメーションで、スライドショーを作ってみた

次に、メインビジュアルなどでよくみかけるスライドショーを自動アニメーションで作ってみたいと思います。

▼やりたいこと

  • 3枚の画像が、1枚ずつ自動でスライドする

▼サンプルはこちら

181211_05.png

  1. 3枚の画像をグループ化しておく。(左右の画像をアートボード外に置いておけるように)
  2. 各アートボードの画像のレイヤー順を、中央・右・左となるようにしておく。(レイヤーの順番が違うと、画像が移動する際に重なってしまうので)
  3. プロトタイプモードに移動し、トリガーを「時間」、アクションを「自動アニメーション」に設定しアートボードをつなぐ。

181211_06.gif

プレビューすると、スライドショーの動きが表現できていると思います。

自動アニメーションで、カルーセルを作ってみた

▼やりたいこと

  • 画像をフリックすると横にスライドする

▼サンプルはこちら

181211_07.png

やりかたは基本的に上のスライドショーと同じです。
プロトタイプモードで、トリガーを「ドラッグ」にしてプレビューすると、カルーセルの動きが表現できていると思います。

181211_08.gif

自動でここまでアニメーションが再現できるなんて驚きですよね。
今回やってみたアニメーション以外でもいろいろな動きが表現できそうです。

Source: バシャログ

よろしかったらシェアお願いします